コラム ダイナミック・ケイパビリティ 企業家時代の再来,真の分権化が不可欠

Vol.87  2017年10月29日
「将来のドミナントデザイン−業界での支配的な標準化されたデザイン−」や「必要な関係特
殊投資−他で活用できない投資−のリスク」を見極める(”嗅ぎつける”との表現の方が適切
かもしれない)といった企業家能力必須の時代が再来した。真の分権化が不可欠となった。

●日産不正車両出荷停止 カルソニックカンセイ費用請求検討
  SankeiBiz  http://www.sankeibiz.jp/business/news/171026/bsa1710261844010-n1.htm
●カルソニックカンセイ株式をKKRグループ傘下のファンドがTOB実施
  日本M&Aセンター  https://www.nihon-ma.co.jp/news/20170221_7248/
●日産 カルソニックカンセイ株売却の理由,カルソニックの戦略 
   excite.ニュース  http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161126/Economic_68624.html

▲このページのトップに戻る