2016/12/2
 公益財団法人日本生産性本部は「日米産業別労働生産性水準比較」を発表した。
 産業別にみた日本の労働生産性水準(2010〜2012年平均)は、製造業で米国の7割、サービス産業で5割。日米格差は、1990年代後半と比較すると製造業で3.2%p縮小したものの、サービス産業では0.9%p拡大。リーマン・ショック前と比較しても、製造業では日米格差が6.0%p縮小しているのに対し、サービス産業では1.8%p拡大。サービス産業の労働生産性水準は、1990年代後半から米国の5割程度にとどまる状況が続いている。
http://activity.jpc-net.jp/detail/01.data/activity001494.html

お問合せ・ご相談

経営者、リーダー、マネジャーを戦略、実践、学習の観点からサポートする!