Column 困った・・・「そうだラジオドラマ、聞こう!」自分を取り戻す(涙活)

Vol.71 2015年2月10日
 この組織(会社)は今後どう進めばいい?
   どんな代替案がある?
 どれが現実的で、どれはそうでない? 
 悲観的に考えすぎ?いやいや楽観的すぎ?
 もしかして”ちまちま”している?
 そもそも事実誤認していないか?
 ストーリーとして成り立つ?
 一笑に付されたらどうしよう・・・
 彼(ら)は期待通りのアウトプットを出してくれているだろうか?
 期待通りのアウトプットが出ていないならどうしよう?
 ・・・
 ・・・
 ・・・

 経営に正解などないですよ。

 分かっとるわ!そんなこと!!

 ううう〜、分かっていても(分かっているつもり?)、頭の中に靄(もや)がかか
り始める・・・。
 困惑 悩み 内省  縮小.jpg

 時間が迫る!!!

急げ 至急 hurry up ハリーアップ  縮小.jpg

 

 こんな時は、「そうだ京都、行こう(JR東海)」の精神で、、、
 https://www.youtube.com/watch?v=2MQsCGhIrVs

「そうだラジオドラマ、聞こう!」ということで

FMシアター(NHKオーディオドラマ)を聴きました。
http://www.nhk.or.jp/audio/html_fm/fm2014035.html

 かなり、いえ物凄〜く、無理あり?(^_^;; 。

 実は私、FMシアターのファンなんです。
 FMシアターは、私の想像力を広げてくれます。共感のあまりの号泣という涙活
(寺井広樹)を施してくれるなどして深くリラックスさせてくれます。
 涙活 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%99%E6%B4%BB
 FMシアターは、
ちょっと大げさに表現すれば、「自分を取り戻してくれる」時
間を私に送り届けてくれます。週一回1時間、単発もの(連続ものではない)、と
いう聴きやすさは私のライフスタイルに合ってもいます。

 今回のドラマでは、思い出の染み込んだ故郷の家を売り払い東京に戻る老女が、
その人生にあ
らためて邂逅する様が描かれていました。
 共に生きた人たちの声、その身を寄せた家、駆け巡った野山・・・。
 人生の終焉を感じるようになると、人は、フラッシュバックのように、あらためて、
それらを聴き、見、味わい、感じるのかもしれません。

 それにしても老女(主人公)は潔い。
  故郷の家に、きっぱりと別れを告げます。

 他界する半年前に母が語った言葉を思い出しました。
 「自分(母)が死んだら家はキレイさっぱりすべて打ち壊せ(さら地にしてしまいな
さい)」。

 私はいまだにあの家を忘れられずにいますが、少しずつでも忘れることができて
いるのは、家が”ない”おかげです。家がもしあのまま”在る”ならば、私の家に係る
思い出に起因する葛藤は今より確実に大きいように思います。

望郷 故郷 子供 夕暮れ   縮小.jpg

  育んだ様々なコト、モノらを、潔く、なくしてしまう。過去を引きずらない。引きずらせ
ない。過去と現在・未来のせめぎ合いの葛藤の渦に巻き込まれない。巻き込ませない。
 組織や個がイノベーションを成功させる上における劇薬的とも言える荒療治です。
 この荒療治を組織で実行するためには、「
強烈な危機感」と「そこそこ以上の見通
し(ストーリー、シナリオ)」、最低でもこの二つを、リーダーが、そしてごく少数でよ
いので俊英のフォロワーが、その心象に鮮やかに浮かび上がらせることが必須かと。


 今度(2/14放送)のFMシアター(NHK)は、
『もう一度、夫婦で 〜 新婚旅行先の宮崎を再訪する老夫婦。“夫婦の言葉”を取り戻
す旅〜 』 http://www.nhk.or.jp/audio/html_fm/fm2015004.html

 おそらくいろいろ一段落しており、余裕をもって楽しめそうです(^.^)

▲このページのトップに戻る