Column 2013年末・2014年始 十三歳の無謀さ、新しい水夫

Vol.59 2014年1月8日(水)

 この年末年始、帰省した福岡市のいたるところで今年の大河ドラマ『軍師官兵衛』がPRされていま
した。官兵衛さん、福岡市や中津市の活性化よろしくお願いします(笑)。 
  http://www1.nhk.or.jp/kanbe/

 正月は家族で沖縄に行きました。昨年の疲れを癒そうと思っていたのですが、いろいろやり過ぎ疲労
困憊で、風邪をこじらせてしまいました(笑、反省)。

 慶良間のスキューバ・ダイビングで、息子(十三歳)はひどい船酔いをしながらも、また初体験であ
るにもかかわらず、結局3回潜りました。彼の”無謀さ”には脱帽です。その”無謀さ”には見習う必要が
ある一面もあるように感じました。

 宮部久蔵(『永遠の0※』に登場する終戦間際に特攻で戦死した海軍航空兵)を卑怯者、臆病者と評する
方もいらっしゃるでしょうし、そうは評さない方もいらっしゃるかと思います。
※永遠の0:百田尚樹(2009)講談社
永遠の0 (講談社文庫) ←click!ひらめき Amazonロゴ小

 ”無謀さ”は、無謀さそのものもそうですが、深謀や遠望とのバランス、勇気や蛮勇の概念まで含める
と、見習ったり、教えてもらったりはなかなかできるものではありません。

 無謀 深い考えのないこと。物事をするとき、そのやり方や結果について十分考えていないこと。無茶。
    「―な登山」「―運転」
 卑怯 @心が弱く物事に恐れること。勇気のないこと。臆病。A心だてのいやしいこと。卑劣。「―な騙し討ち」
 臆病 ちょっとした物事にもおそれること。また、そのさま。小心。「―な性質」
 深謀 深いはかりごと。

 遠望 遠方を望み見ること。とおみ。みわたし。「―がきく」
 勇気 いさましい意気。物に恐れない気概。「―をふるう」「―がわく」
 蛮勇 理非を考えずに突進する勇気。向う見ずの勇気。「―をふるう」
 ※いずれも 株式会社岩波書店 広辞苑第六版 より

 潜っていく息子を見ながら何となく私が感じたのは、私が一皮むけるうえで”無謀さ”はおそらく必須
であること、私が”無謀さ”を学習にするにあたっての鍵は、『信頼できる(と踏んだ)他者に身を委ね
てしまう → 自分であれこれ(広く)考えない = 視野や思考を意図して狭める、スピードダウン
する』『どう思われるとか、どう見られているとかを気にしない=あえて自己中(心性)に徹する・回
帰する』ということです。

自己中心性
ピアジェのいう自己中心性とは、一般的に理解されるような利己主義という意味ではなく、幼児が自分
自身を他者の立場においたり、他者の視点に立ったりすることができないという、認知上の限界性を表
す用語である。

 中島義明他(編)(1999)『心理学辞典』有斐閣pp.764
心理学辞典←click!ひらめきAmazonロゴ小


 この年末年始、リフレッシュする中で自分の進む方向のいくつかがはっきりしました。この一年、そ

の方向に向かってしっかり実践することが肝要かと思います。

 息子は、船酔いと寒さのためか、潜った日の夜から高熱を出し、翌日、翌々日とぐったりしていまし
た。しかし3日目にはすっかり元気に。無謀なことをやって、高熱を発し、アッというまに元気になる。
なんというアップダウンの激しさ。

 親の勝手な希望ですが、息子にはあと10年くらいは(20歳過ぎまでは)、こんな激しいアップダ
ウンを繰り返しながら、(深謀や遠望ではなく)無謀さを強い武器にまで磨いて欲しいものです。

 「”親”の勝手な希望ですが・・・」と書きましたが、正しくは「”私”の勝手な希望ですが・・・」
です。妻は、「ハラハラドキドキは勘弁してくれ」と言いそうです(笑)。

 今のご時世、”無謀さ”は、組織における特に若手社員(新しい水夫)にとっては、いえ私と同年代の中
高年社員(古い水夫)にとっても、学習する価値が十分にあります。

古い船には新しい水夫が乗り込んで行くだろう
古い船を 今 動かせるのは古い水夫じゃないだろう
なぜなら古い船も 新しい船のように新しい海へでる
古い水夫は知っているのさ
新しい海のこわさを
吉田拓郎(1970)『イメージの歌』

【プライベート備忘録】
●首里城 http://oki-park.jp/shurijo-park/

●マングローブカヤック http://www.okinawa-kayak.net/news/2014/01/--6.html
●ダブルデッカー http://r.gnavi.co.jp/f066500/

●美ら海水族館 http://oki-churaumi.jp/
●旧海軍司令部壕 http://kaigungou.ocvb.or.jp/about.html
●サムズセーラーイン http://www.sams-okinawa.jp/sailor_inn/index.html

●スキューバダイビング http://seasirnaha02.ti-da.net/e5771212.html
●ぱいかじ http://www.paikaji.jp/tenpo/honten.html 

●ガンガラーの滝 http://www.gangala.com/

●琉球温泉 瀬長島ホテル http://www.senagaspa.jp/

▲このページのトップに戻る