コラムB プロレス観戦 マーケティングの進化

Vol.54 2013年7月6日(土)

  この前(6/30)、格闘技の殿堂『後楽園ホール』で、久方ぶりに、プロレスを観戦しました。
 http://www.noah.co.jp/tour_detail.php?tour_id=1161

 この団体は週刊ジャンプと協働してプロモーションをしており、リング上で串田アキラさんが宇宙刑事
ギャパン、筋肉マンを熱唱するなど、想定していなかったこともたくさんありました。
http://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=5242

 会場はほぼ満員となり、非常に盛り上がっていました。

 企画している方に聞けば、「プロレス」全体のイメージアップを図るために、そして子供たちにプロレ
スの面白さを知ってもらうために、様々な可能性を模索中だとのことです。

 例
 ・異業種とのコラボレーション
 ・地域のイベントやお祭りなどとのタイアップ

 豊洲ではイベントが行われています。
 http://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=5248

 ビジネス面でも、『1口5万円〜のスポンサー企業』となっていただければ、来場者に社名を入れたタ
オルやチラシ、PR販促物をお配りすることも可能だとのことでした。

 燃える闘魂 アントニオ猪木、御大 ジャイアント馬場、世界の荒鷲 坂口征二、人間風車 ビルロビンソ
ン、・・・・(もうやめときます)、の時代から、いろいろな点で、プロレスは、様変わりしています。

 時代、環境へ適応するため、生き残るため、試行錯誤する。
 マーケティングの進化ですね。
 いずこの世界も同じです。

▲このページのトップに戻る